銀行のローンについて知ろう!

お金を借りるなら、金利が安く、しかも高額の融資が可能な金融機関からお金を借りたいものです。
となると、おすすめなのが銀行のローンです。
銀行なら低金利でしかも多額の融資が可能です。

ところが、銀行の融資もメリットばかりではありません。もちろんデメリットもあります。
デメリットとしてあげるならば、審査に時間が掛かり、通過が難しいことです。
お金を借りる際にはその金融機関の特徴やローンの種類などをしっかり把握し、何が自分に合っているのかを見極めることが大事になってきます。
では、今回は特に銀行のローンの種類やそのメリット、デメリットなどの特徴について考えてみましょう。
出典元:低金利の銀行借入|カードローン審査を通過する為の3つの関門

銀行のローンの種類

銀行には様々なローンがあります。
また、各銀行によって名前が違ったり、そのサービス内容や金利もそれぞれ異なります。
大まかには以下のようなローンの種類があります。

【使用用途が限定されているローン】

      住宅ローン

アパートローン

リフォームローン

マイカーローン

教育ローン

おまとめローン


【使用用途が限定されていないローン】

      フリーローン(多目的ローン)

カードローン

使用用途が限定されているローンに関しては、何千万円という融資額が動くことになります。
ですので、多くの場合担保が必要になることでしょう。
担保と聞くとあまりいい印象はないかもしれませんが、担保を設置することでより有利な金利でお金を借りることができるので、有効な手段の一つであるといえます。
銀行のローンとしては、使用用途が指定されているものが多いイメージがありますが、そうばかりではありません。
フリーローンとカードローンは融資金を自由に使うことができるローンです。
これらのローンは多くても1000万円程度の融資ではありますが、それでも高額の買い物の資金や海外旅行、留学などには重宝します。

自由に使える銀行のローン

銀行のローンの中で融資金を自由に利用できる数少ないローンとして、フリーローンとカードローンがあげられます。
これらの2つのローンは使い道が自由なローンである点においては同じですが、それぞれに特徴があります。
金利は多目的ローンの方が安いといわれています。
しかし、審査に掛かる時間は長いです。
その理由は2つのローンの融資方法の違いにあります。
以下にそれぞれの融資方法と特徴を簡単にまとめています。

【フリーローン】
銀行によっては「多目的ローン」といわれていることもあります。
こちらのローンの融資方法としては、契約時に決定された融資総額が一括で指定口座に振り込まれる仕組みになっています。
融資が行われるのはこの一度のみです。
追加で融資が行われたりすることはありません。
フリーローンをまだ利用したいようであれば、申込をもう一度行い、審査のやり直しになります。
後は、毎月決められた額を返済し完済に向かっていくだけ、というシンプルなシステムです。

【カードローン】
カードローンでは、こちらから指定しない限り、融資金が口座に振り込まれることはありません。
契約時に利用限度額というものが決められ、そしてローンカードが発行されます。
このローンカードを使って融資金を最寄りのATMから引き出す仕組みになっています。
引き出したい金額は自分で決めることができます。
融資金の引き出しは、借入総額が利用限度額いっぱいになるまで、何度でも行うことができます。
もし、限度額がいっぱいになっても、次の返済をするとまたその分の借入ができるようになっています。
この仕組みは一見便利に見えますが、一度限度額いっぱいになると借入をくりかえしてしまい、完済しにくくなってしまう可能性が高くなっています。

以上が、フリーローンとカードローンの仕組みです。
フリーローンは完済がしやすくなっているため、低金利でのサービスが可能となり、カードローンよりも金利が低めに設定されている銀行が多いでしょう。
また、同じ理由でフリーローンの融資額は、カードローンの利用限度額よりも少し高めに設定されています。

銀行のローンのメリットとデメリット

上記のように様々なローンがある銀行ですが、これらのローンにはメリットとデメリットがあります。

【銀行ローンのメリット】

      金利が安い

高額の融資が可能

銀行のローンのメリットといえば、なんといっても金利が安いことです。
また、資本の基盤が整っている銀行では、高額の融資が可能であるということもメリットとしてあげられます。
他の金融機関との比較については、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングローン比べてみるとよくわかります。

銀行のカードローンの金利平均が3%から15%なのに対して、消費者金融のキャッシングの金利平均が5%~18%程度となっています。
この数字からしても、銀行のローンの方が金利がやすいことがおわかりでしょう。
また、総量規制制定後にはさらに銀行のカードローンに注目が集まりました。
みなさんは、総量規制という法律をご存知ですか?
この法律は2006年に制定された法律で、多重債務に苦しむ人々の救済策として「個人の借入総額は年収の3分の1以内に収めなければならない」という規定があります。

この規定により、確かに体重債務に苦しむ人々の数は減少しましたが、一方でお金を借りたくても借りられない人が増加していました。
しかし、総量規制は貸金業法の管轄下にある金融機関(主に消費者金融やクレジットカードの信販会社)でしか、効力がありません。
そこで、注目されたのが銀行のローンというわけです。
銀行のローンは銀行法の管轄下にある金融機関なので、総量規制の対象外です。
ですから、総量規制制定後も住宅ローンなどの何千万円という融資は相変わらず行われているし、カードローンであっても利用限度額が1000万円の設定も可能になっているのです。

【銀行ローンのデメリット】

      審査に時間が掛かる

審査の通過が難しい

銀行のローンは確かに金利が安く、高額の融資が可能です。
これなら、だれでも銀行の融資を利用したいと思うはずです。しかし、誰でも簡単に利用できないことには理由があるのです。
銀行の融資の申込に躊躇してしまうそのわけは、審査にあります。

銀行に限らず、一般にお金を借りる際には高額な融資を受ける時ほど、そして金利が安ければ安いほど審査は難航します。
つまり、時間も掛かるし、通過の可能性もそれだけ低くなるということになります。
ですから、住宅ローンなどの大口のローンであれば最低でも1週間、長ければ1か月ほど掛かってしまうことになります。
また、審査にできるだけ通過しやすくしたいのであれば、最低限の借入金額も申し込むということも一つの手段となります。
先にも申しましたが、高額な融資を受ける時ほど審査は難航します。

従って、受けたい融資金額が高ければそれだけ審査の通過の可能性も低くなってしまいます。
お金を借りる時にはつい欲をが出てしまい、高額の融資を受けたくなりがちですが、少しでも審査に通過の可能性を上げるなら最低限の融資金額を申し込むことをおすすめします。